前へ
次へ

ペットの死を看取るペット葬

ペットは可愛いものですね。
今では家族の一員となっているのではないでしょうか。
しかし寿命が人間より短いペット、何時かはお別れの日がきます。
今では私の友人も、お別れの日を覚悟して、良いお母さんであるようお父さんと一緒に最後まで看取ってあげようと言っています。
しかし必ずその日はきます。
そこで問題になるのは、どのようにお別れするかです。
昔でしたら庭に埋めてあげる人が多かったでしょう。
私の愛犬は林に埋めてあげました。
しかし今はペット葬、ペットを葬儀してあげる施設があるのです。
勿論お金は掛かります。
しかしきちんと火葬してあげ、納骨、埋葬までしてくれるペット葬もあるのです。
合同で火葬してあげ、合同で納骨する所から、個別に火葬してくれ、骨拾いもして、遺骨を骨壺に入れて返してくれる所までいろいろあります。
お寺と協力して、人と一緒にお墓に埋めてくれる所もあるそうです。
人間と同じように喪服を着て、数々の法要もしてあげる方もいるそうです。
移動車で家まで火葬しに来てくれる所もあるそうです。
しかしいろいろな所がある分いろいろトラブルもあるそうです。
しかし肝心なのは人と同じ気持ちでしょう。
ペットを想う心からそれらをしてあげるのが一番でしょう。
ペットを想う気持ちを忘れずにペット葬で供養してあげてください。

Page Top